神奈川縣第16區

神奈川縣第16區
日本 眾議院選區
衆議院小選挙區 神奈川県.svg
國家 日本
所在行政區 相模原市綠區(原津久井郡地區) · 南區(不屬於14區的地區)、厚木市伊勢原市座間市(相模之丘1丁目~6丁目)、愛甲郡
(2017年7月16日至今)
類型 日本眾議院選區[*]
選民 468,382人
1.993 倍(與鳥取縣第1區的比較)
總務省・2019年9月登錄日)
現有選區
設置時間 1994年(2002年・2017年區域變更)
現任議員 後藤祐一
所在比例代表區 南關東比例代表區

神奈川縣第16區日本眾議院的選區,始於1994年。

小選舉區選出議員

選舉名 當選者 黨派 備註 選區範圍[1][2][3][4][5]
第41屆眾議院議員總選舉 1996年 龜井善之 自由民主黨 厚木市伊勢原市、城山町、津久井町、相模湖町、藤野町、愛川町清川村
第42屆眾議院議員總選舉 2000年
第43屆眾議院議員總選舉 2003年 厚木市、伊勢原市、相模原市[注 1]、城山町、津久井町、相模湖町、藤野町、愛川町、清川村
第44屆眾議院議員總選舉 2005年
第44屆眾議院議員補選 2006年 龜井善太郎 因龜井善之去世 厚木市、伊勢原市、相模原市[注 2]、城山町、藤野町、愛川町、清川村
第45屆眾議院議員總選舉 2009年 後藤祐一 民主黨 厚木市、伊勢原市、相模原市[注 3]、愛川町、清川村
第46屆眾議院議員總選舉 2012年 義家弘介 自由民主黨 相模原市綠區[注 4]南區[注 5]、厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村
第47屆眾議院議員總選舉 2014年 後藤祐一 民主黨
第48屆眾議院議員總選舉 2017年 義家弘介 自由民主黨 相模原市綠區[注 4]、南區[注 6]、厚木市、伊勢原市、座間市[注 7]、愛川町、清川村
第49屆眾議院議員總選舉 2021年 後藤祐一 立憲民主黨

參考資料

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五). 衆議院. 平成6年11月25日 [2021年10月1日].  地名は1994年(平成6年)當時のものである。
  2. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第154回国会 制定法律の一覧 >公職選挙法の一部を改正する法律 法律第九十五号(平一四・七・三一). 衆議院. 平成14年7月31日 [2021年10月1日].  地名は2002年(平成14年)當時のものである。
  3. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第183回国会 制定法律の一覧 >衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第六十八号(平二五・六・二八). 衆議院. 平成25年6月28日 [2021年10月1日].  地名は2013年(平成25年)當時のものである。
  4. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第193回国会 制定法律の一覧 >衆議院議員選挙区画定審議会設置法及び公職選挙法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第五十八号(平二九・六・一六). 衆議院. 平成29年6月16日 [2021年10月1日].  住居表示などにより変更あり。
  5. ^ 神奈川県 (PDF). 総務省. [2021-10-01]. 
  1. ^ 麻溝、新磯、相模台、相武台各出張所管轄地區
  2. ^ 麻溝、新磯、相模台、相武台各出張所以及津久井、相模湖各綜合事務所管轄地區
  3. ^ 麻溝、新磯、相模台、相武台各出張所以及津久井、相模湖、城山、藤野各綜合事務所管轄地區
  4. ^ 4.0 4.1 津久井、相模湖、城山、藤野各綜合事務所管轄地區
  5. ^ 麻溝、新磯、相模台、相武台各町內管理中心管轄地區
  6. ^ 麻溝、新磯、相模台、相武台各町內管理中心管轄地區以及東林町內管理中心管轄的相南1丁目19-24番、相南2丁目[13-16、18-24番]、相南3丁目27-33番、相南4丁目、松枝町
  7. ^ 相模丘1-6丁目